宇原獅子舞保存会概要

宇原獅子舞保存会についてご案内しています

起源

宇原獅子舞は150年以上にわたって伝承されてきた獅子舞です。歴史上の記録では、護持村(現:夢前町)より習得したとされています。
安政5年(1858年)に山崎藩主の本多忠明が肥前守を命じられ、その祝賀会で披露しました。『記録:山崎藩覚書帳』昭和62年10月8日には、
山崎町より指定文化財<無形民俗文化財>を受けました。全国でも数少ない毛獅子で紺木綿布に馬のたてがみを縫い付けてあります。

雄は黒と茶のたてがみを、雌は白と赤茶のたてがみを使用しています。獅子頭は雄雌対ですが、顔立ちは若干ちがいます。
いずれもハリコ製(重さ約6kg)で、黒漆の上に金箔を施してあります。年代を重ねているため今では黒光りの方が強く重厚さを加えています。
12種類の舞があり、低い姿勢で生きているように舞うのが特徴です。

一時は中断していた宇原獅子舞ですが、昭和48年に宇原獅子舞保存会として後世へ残すべく努めています。
現在10代の若者から40代の中堅までの約30名が中心となり、兵庫県宍粟市の伝統芸能として、神社へ奉納するだけでなく、伝承を通じて人と人との交流や会話により、郷土愛がはぐくまれるものと信じて活動を行っています。

宇原獅子舞保存会概要

名称
宇原獅子舞保存会
指定年月日
昭和62年10月8日
所在地
〒671-2535 兵庫県宍粟市山崎町宇原929
Follow US ON Instagram

Follow US ON Facebook

Follow US ON Twitter